JOY BRYAN "MAKE THE MAN LOVE ME" Us盤

    
album information and (disc / cover) conditions
タイトル JOY BRYAN "MAKE THE MAN LOVE ME" 
盤・ジャケット評価表 D=〇 C=〇●
コメント:SIDE-A キズはないが⊂さいプチノイズ2回ざ砲舛い気ぅ船螢離ぅ今臆   
コメント:SIDE-B キズはないがぞさいプチノイズ2回  
    
mono / stereo stereo   
レーベル CONTEMPORARY(Fantasy) Us Pressing
管理コード 38655
モニターにより実際の色と違う場合があります。
カードは合計5,000円以上お買い上げの場合ご利用いただけます。

【アルバム説明】
ジョイ・ブライアンは幼い頃から教会で歌に親しみ、母から歌を習い、ジョージ・フリージの バンドに参加、ここでモダンジャズに親近感を感じ、インディアナポリスでジェイ・ジェイ・ジョンソン達と共演後,56年にロサンジェルスに進出,57年MODE LABELにマーティ・ペイチ・セプテットで"JOY BRYAN SINGS"をリリース。61年の本作コテンポラリー盤は、バックに P)ウイントン・ケリー〜G)アル・ビオラ〜B)ルロイ・ヴィネガー〜D)フランク・バトラーのカルテット。ウイントン・ケリーの内からこみ上げてくるスウイギーなバックグランドを得て、ジョイ・ブライアンのハートウォームなボーカルが心地良い。A面は MY ROMANCE,MAKE THE MAN LOVE ME,ALMOST LIKE BEING IN LOVE,IT NEVER ENTERED MY MIND,EAST OF THE SUN.B面はAREN'T YOU GLAD YOU'RE YOU?,MY FUNNY VALENTINE,OID DEVIL MOON,THESE FOOLISH THINGS,EVERYTHING'S COMING UP ROSESの全10曲、明るくスウイギーな歌唱、しっとりとしたバラードにも個性が感じられる好アルバムである。
型番 38655
在庫状況 1
販売価格
3,900円(内税)
購入数