LORRAINE GELLER AT THE PIANO

    
album information and (disc / cover) conditions
タイトル LORRAINE GELLER AT THE PIANO
盤・ジャケット評価表 D=☆ C=〇●
コメント:SIDE-A ´Gいキズ音への影響はない    
コメント:SIDE-B      
      
mono / stereo mono     
レーベル DOT Japanese Pressing  
管理コード 40192
モニターにより実際の色と違う場合があります。
カードは合計5,000円以上お買い上げの場合ご利用いただけます。

【アルバム説明】
1949年生まれ。ピアニストとしてその才能を開花させ20歳でプロ入り、53年にニューヨークに出てフリーで活躍、ハーブ・ゲラーと出会い結婚、夫のカルテットに加わって活動の他、ショーティ・ロジャース〜メイナード・ファーガソン〜ズート・シムスと共演、歌手ではケイ・スターやレニー・ブルースなどの伴奏、58年モンタレー・ジャズ祭でビル・ホルマン〜メル・ルイスのバンドで出演した。この様に多岐に渡って活動していた才能豊かな女流ジャズ・ピアニストであるが58年30歳で夭折。唯一のピアノ・トリオに依るリーダーアルバムがDOT LABEL に残された本作 "LORRAINE GELLER AT THE PIANO"なのである。共演はルロイ・ヴィネガー〜ローレンス・マラブル。CLOSE YOUR EYES〜GEE,BABY,AIN'T GOOD TO YOU〜YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC〜POINCIANA〜WHAT A DIFF'RENCE A DAY MADEのスタンダードにオリジナル5曲の全10曲、秀逸なピアニズムを聴かせている。59年コテンポラリー盤オーネット・コールマンのアルバム"TOMARROW IS THE QUESTION!"に収録されている"LORRAINE"は彼女の死を悼んで演奏、収録されたものである。
型番 40192
在庫状況 1
販売価格
1,500円(内税)
購入数