THE GOLDEN DAYS BUCK CLAYTON OF JAZZ 2枚組 Us盤

album information and (disc / cover) conditions
タイトル THE GOLDEN DAYS BUCK CLAYTON OF JAZZ
盤・ジャケット評価表 D=〇 C=☆●
コメント 1枚目SIDE-A‐さいプチノイズ1回
  1枚目SIDE-B‐さいプチノイズ1回
  2枚組 ジャケット左上シール貼り
mono / stereo mono
レーベル CBS Us Pressing
管理コード 41524
モニターにより実際の色と違う場合があります。

【アルバム説明】
コロンビアのスタジオ・ジャムセッションは1953〜1956年の間に6セッションが行われ19テイクが録音され内18テイクが5枚のアルバムに収録された。中でも最も聴きごたえのあるアルバムが本作の2枚組アルバム"THE GOLDEN DAY'S OF JAZZ"である。BLUE AND SENTIMENTALの6:30から最長の"CHRISTOPHER COLUMBUS"の25:42に及び全7曲。クレイトンを中心にジョー・ニューマン〜ルビー・ブラフ、トロンボーンではヘンダーソン・チェンバース〜アービー・グリーン、サックスの常連ジュリアン・ダッシュ〜レム・デイビス〜チャリー・ホークスそれぞれのソロ・リレーが楽しい。尚、リズム・ギターはフレディ・グリーンが大半を務めているが。ROCK-A-BYE BASIE,JUMPIN' AT THE WOODSIDEでは録音の少ないスティーブ・ジョーダンが参加しており記憶に留めておきたい。
型番 41524
在庫状況 在庫数
購入数
Soldout