ROY BROOKS THE FREE SLAVE Us盤

album information and (disc / cover) conditions
タイトル ROY BROOKS THE FREE SLAVE
盤・ジャケット評価表 D=☆ C=〇●
コメント 両面コスレSIED-A1.5cmコスレキズの所でプチノイズ少しでる
  B‐さいプチノイズ5回
 
mono / stereo stereo
レーベル MUSE Us Pressing
管理コード 30317
モニターにより実際の色と違う場合があります。

【アルバム説明】
50年代から活動している黒人ドラマーで、60年代初頭のホレス・シルヴァーを皮切りに、スタンリー・タレンティン、ユセフ・ラティーフ、チャールズ・ミンガスなどのバンドで活躍した。本作はジャズをもっと聞けるようにと言う趣旨で発足した団体"ザ・レフト・バンク・ソサエティ"が1970年11月にボルチモアの有名なボールルームにロイ・ブルックスのグループを招聘した際の実況録音。サイドメンは WOODY SHAW〜GEORGE COLEMAN〜HUGH LAWSON〜CECIL McBEEのクインテット。10分前後の各人のオリジナル4曲の内容でクラブの臨場感あふれた演奏内容で取り分け、"UNDERSTANDING"を筆頭に全編に渡って、セシル・マクビーのプレイが鮮烈である。
型番 30317
在庫状況 在庫数
購入数
Soldout