SONNY STITT DEUCES WILD INTRODUCING ROBIN KENYATTA Us盤

album information and (disc / cover) conditions
タイトル SONNY STITT DEUCES WILD INTRODUCING ROBIN KENYATTA
盤・ジャケット評価表 D=〇 C=☆★
コメント SIED-A.ズはないがプチノイズ3回
  ジャケット左下パンチ穴、三方テーピング
mono / stereo mono
レーベル ATLANTIC Us Pressing
管理コード 41207
モニターにより実際の色と違う場合があります。

【アルバム説明】
60年代中ごろ前衛派のビル・ディクソンに見いだされたロビン・ケンヤッタはビルのアルバムに参加したりして、前衛派までカバーする新人サックス奏者として注目された。67年の本作のA面で従来のステット〜ドン・パターソン〜ビリー・ジェームスのトリオによる4曲を収め、B面で新人のロビン・ケンヤッタをフィニチュァーした2曲、ルファース・ハーレイのテナーとバグパイプフィニチュァーした2曲の内容で新人の紹介を含めたアルバム作りとなっている。ロビン・ケンヤッタは、ソウル・ジャズでの本セッションでも幅広い領域をカバーする資質が垣間みえる。
型番 41207
在庫状況 1
販売価格
2,800円(内税)
購入数