JOHNNY GRIFFIN NIGHT LADY Us盤

    
album information and (disc / cover) conditions
タイトル JOHNNY GRIFFIN NIGHT LADY
盤・ジャケット評価表 D=☆ C=☆●
コメント SIDE-Aキズはないがゞ砲舛い気ぅ船螢離ぅ今渦鶚極ちいさいチリノイズ6回小さいプチノイズ2回
  B 銑▲廛譽好潺広ゞ砲舛い気ぅ船螢離ぅ今臆鶚▲廛船離ぅ今寛
 
mono / stereo mono
レーベル EMARCY Us Pressing
管理コード 41335
モニターにより実際の色と違う場合があります。
カードは合計5,000円以上お買い上げの場合ご利用いただけます。

【アルバム説明】

【アルバム説明】
1956年夏以降ヨーロッパで活動を始めたケニー・クラークがベルギーのピアニストであるフランシー・ボーランと1960年にパリで活動を始めた。セクステットがオクテットとなり、ヨーロッパのミュージシャンとアメリカから来たジャズメンと合わせて、ビックバンドへと発展拡大した。その間の1961年ブルーノートから"THE GOLDEN EIGHT/KENNY CLARKE"を発表、1962年クラーク=ボーラン・ビック・バンドの第1作"JAZZ IS UNIVERSAL"を発表、1972年解散まで多くのアルバムを残した。このバンドの要であるKENNY CLARK〜JIMMY WOODE〜FRANCY BOLANDに依るリズムセクションはヨーロッパ随一躍動するリズムに長けたトリオで、本作ジョニー・グリフィンとの共演はボーランのオリジナル2曲、グリフィン1曲、スタンダード2曲他全6曲の内容で、小気味よくスイングするワンホーン・アルバムの隠れたる名盤であり、アメリカではエマシー・レーベルからはリリースされたのだった。ジャケットはオリジナルより雰囲気が出ているように思われる。
型番 41335
在庫状況 在庫数
購入数
Soldout