CHRIS WOODS PLUSG. ARVANITAS TRIO Itarian盤

album information and (disc / cover) conditions
タイトル CHRIS WOODS PLUSG,ARVANITAS TRIO
盤・ジャケット評価表 D=〇 C=〇●
コメント SIDE-A.ズはないがプチノイズ2回 Bプチノイズ3回ぅ廛船離ぅ今臆
 
mono / stereo stereo
レーベル BLACK NOTE BL1008 Itarian Pressing/font>
管理コード 41261
モニターにより実際の色と違う場合があります。

【アルバム説明】
クリス・ウッズは、1925年テネシー州メンフィス生まれのパーカー系アルト・サックス&フルート奏者。サイドメンとしてビッグバンド歴も長く、70年代はクラーク・テリー楽団、80年代前半にはカウント・ベイシー楽団でプレイした。本作は73年フランスのFUTURA LABELパリでの録音。クリス・ウッズ(as)に、ジョルジュ・アルバニタ(p)、ジャッキー・サムソン(b)、シャルル・ソードレ(ds)というレギュラー・メンバー。70年代のジョルジュ・アルバニタは新感覚のピアノで注目を浴びた時期であるだけに、マイナーなクリス・ウッズとのワンホーン・セッションはパーカーの"AU PRIVATE"を筆頭にフルートに持ち替えてジョルジュ・アルバニタ・トリオと渡り合っているクリス・ウッズの代表作。イタリアのBLACK NOTE LABELからの1000枚限定のリ・イシューである。
型番 41261
在庫状況 1
販売価格
3,500円(内税)
購入数